Chica

metal3cs.exblog.jp ブログトップ

日々のこと

クリスマスも終わり、今年もあと少しですね。

今年の出店もおかげさまで無事に終える事ができ、溜め込んでいた諸々の事を少しずつ進めております。


そんな中、手を動かしながら色々思う事があります。

やっぱり地震のことから離れられません。

私は今回の地震で大きな被害を受ける事もなく、家族も無事でした。

今現在は地震の起こる前とほぼ同じ生活が出来ています。

だから、書こうかどうか迷う気持ちもあります。

ただ、地震が起こってからの数ヶ月の事を忘れたくないし、ずっと触れないままでいるのも何だか違和感があって断片的ですけど書き留めておこうと思います。




前震が起こった時、ちょうどお風呂から上がって歯磨きをしていたところでした。

普通ではない大きな揺れに驚きはしたものの、割と冷静に戸棚の扉を閉めて棚自体を腕で押さえていました。

ただ、そんな中 恐怖を感じていた記憶があります。

怖がる小さな姪っ子甥っ子に「大丈夫だよ~、もう揺れないからね~」みたいな事を言っていたように思います。


本震が起きた深夜、本当にずっと揺れが止まらなくて、立ち上がることも出来ませんでした。

家が壊れるのではないかと本気で怖かったのを覚えています。

とにかく避難しなきゃと、家族で近くの公園に車で向かった時、夜空は満天の星空でした。

これからどうなっていくのだろうという漠然とした不安と、星が綺麗だなぁという何だか両極端な事を思っていました。ちょっと涙が出てきました。

着の身着のままで出てきた家族の着替えやコート等を取りに公園と家を弟と何度も往復しました。

その時の家の中の状態は思い出せません。

翌日、ぐずる小さな甥っ子の手を引いて近所の公園まで歩いて行きました。

人の気配はなく、車の往来も少なくて、静かで穏やかな時間でした。

甥っ子とゆっくり歩く この生きている「今」という時間がとても貴重な時間に感じました。


阿蘇へ続く57号線。美しい山並みを眺めながらのドライブは私のお気に入りでした。

折り重なる樹々は盛夏の時は生き物のように生命力たっぷりにうごめき、晩秋の頃は色取り取りの美しい紅葉を見せてくれました。

地震によって寸断された57号線から山並みを見た時、美しかった山肌はズタズタになり赤い肌を見せていました。

それは現実離れした景色で、ただただ涙が出て、言葉にならないとはこういう事を言うのだと思いました。


倒壊した民家が並ぶ集落を歩いた時は人の気配がない不思議な感覚でした。

だけど、当たり前に鳥のさえずりや樹々のざわめきは聞こえます。

穏やかな風も流れています。遠くでトラックの行き交う音も聞こえます。

当たり前なのに当たり前ではありませんでした。


被災された方々とお話しする機会もありました。

夏の痛いほどの陽射しの下で、夏の花の咲き乱れる庭先で、壊れたお住いの前で、私たちに冷たいお茶を用意して下さり、静かに寂しそうにただただ、今を受け止めていらっしゃいました。


被災地の子供達と触れ合う機会もありました。

子供達はとても元気で、一緒にプールで遊んだり、バーベキューしたり、お風呂に入ったりもしました。一緒にゲームしたり、工作したりもしました。

そんな中で話を聞いていると「地震があったから〇〇ちゃんと遊べないんだ...」と寂しそうな顔をするのです。


私は県外に行く機会もありますので、色んな方々から励ましのお言葉をいただくことも多かったです。

県外で復興支援の活動をされている方々とお話しする機会もありました。

実際にお会いして、目を見て、その方々の声からお話を聞く事が出来た時、そこにある「思い」も一緒にお聞きしたように感じました。

ある出店地で偶然お話しした方は東日本大震災を体験された方で、色々お話を聞かせていただきました。


県内外からボランティアで来られている方々と共有する時間は 本当に多くのことを学ばせてもらっています。

今回の震災で多くの温かい支援があった事、支援して下さった方々に感謝の気持ちが届いたらいいなぁと思います。


今、時間が経って状況は少しずつ変わってきています。

大局的に見る事も大事だと思いますが、もっともっと人と近い所から始めないと何か大事なものが抜け落ちてしまう、置き去りにされてしまうものがあるような気がします。

復興・復旧は 瓦の破片1個を手に取り片付ける所から始まると思っています。


今回の地震がきっかけで本当にたくさんの人達と出会いました。

話を聞いたり、聞いてもらったり、受け止めてもらったり、学ばせてもらったり、助けてもらったり、笑わせてもらったり。もらってばっかりだなぁ。笑

何が出来るわけではないけど、これから何か少しでもお返ししていけたらいいなと思っています。


そして、改めて熊本っていい所だなと思っています。素敵な所たくさんあります。

最近 通行止だった俵山トンネルや菊池阿蘇スカイラインの開通の知らせも入ってきました。

元に戻ることはないけど、いつかまた穏やかな景色が見れる日が一日も早く訪れますように。


当たり前だけど、毎日見る風景は同じものはひとつもなくて。

その時その場所その瞬間に出会ったものたちを大切に記憶したいと思うのです。



b0139996_20335521.jpg





Chica Jewelry works HP


[PR]
by 3cs | 2016-12-26 20:41 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://metal3cs.exblog.jp/tb/26505844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

Chica Jewelry works


by 3cs
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31